Free

Japan Seattle AI "Online" Meetup 18.0 Jan 26&27 (JST) : Jan 25&26 (PST)

Actions and Detail Panel

Free

Event Information

Share this event

Date and time

Location

Location

Online event

Event description
日本時間(JST)では1月26日(水)&27日(木)両日共午前9時から10時の開催です。日時にご注意ください。 Please note this 2 days event will be held 4pm to 5pm on 1/25 Tue & 26 Wed PST.

About this event

主催: Co-organizers: Washington State Department of Commerce (WSDoC=ワシントン州政府商務省)、Orrick Herrington & Sutcliffe (Orrick=オリック法律事務所)、SWAN Venture Group (SWAN)

特別共催: Special Co-Organizer: The Osaka Chamber of Commerce & Industry OCCI=大阪商工会議所)

後援・特別協力: Supported by: Consulate General of Japan in Seattle (CGJ=在シアトル日本国総領事館)、Japan External Trade Organization (JETRO=日本貿易振興機構)、Osaka Business Development Agency (OBDA=大阪産業局)、Osaka Business and Investment Center (O-BIC=大阪外国企業誘致センター)、Osaka Startup Ecosystem Consortium (大阪スタートアップ・エコシステムコンソーシアム)

会期: 2022年 1月26日(水)~1月27日(木 )日本時間

Dates: January 25th Tuesday – 26th Wednesday, 2022 PST

 1日目 1月 26日 (水 )午前 9時~ 10時 JST

 Day 1: 1/25 Tue 16:00-17:00 PST

 2日目: 1月 27日 (木 ) 午前 9時~ 10時 JST

 Day 2: 1/26 Wed 16:00-17:00 PST

ワシントン州政府、Orrick、SWANは第18回Japan Seattle AI Innovation Meetupを前回に引き続きオンラインにて開催します。このミートアップは、2019年までシアトルでリアルイベントとして14回開催し、約100社・延べ300名以上の日本企業の方々が参加され、その成果としてシアトルのスタートアップ9社及び中堅・大手3社が日本に拠点を開設するなど数々の提携事例を誇るミートアップです。2020年より第15回以降をそのオンライン短縮版とし、各1時間で2日間にわたり10社の最先端スタートアップによるピッチをライブで日本企業の皆様などにご覧いただいています。

※各講演は基本的に英語ですが、スタートアップのピッチ毎の解説などで一部日本語を交えます。通訳はありません。

※聴講のお申込みは2日間通しのみで無料です。ご登録は必ずアルファベットで入力をお願いします。

※お申し込み後には本ミートアップのリマインダーなど追加情報を主催者よりメールでお送りします。また本ミートアップ終了後に主催、特別共催、及び後援・特別協力の各社・機関より各事業についてお知らせのメールをお送りする場合がありますので、ご了承ください。

※SWANベンチャーグループによるイノベーターピッチセッションスタートアップリストについて。SWANベンチャーグループはワシントン州のスタートアップ多数をスクリーニングし、このミートアップに最適なスタートアップ10社を選定中です。 日本企業様でこれらのスタートアップとの事業提携や投資に関するご質問や面談ご希望の際は、SWAN担当者 松井洋(hm@swanvg.com)までご連絡ください。

Co-organizers WSDoC, Orrick and SWAN present AI Meetup 18.0 by online. During past 14 times as physical events until 2019, from Japan, circa 100 corps, accumulated 300 members participated in. As fruitful results of business match making, so far 8 Seattle startups plus 3 medium/large IT opened up their offices and/or obtained distributors in Japan. Since 2020, the event has become 1 hour 2 days online as a subset of our meetup. SWAN is selecting 10 of advanced startups to pitch primarily targeting Japanese large corporations.

*Sessions are mostly in English. There will be Japanese briefing before each startup pitch. No translation services provided.

*Free 2 days webinar ticket is only available.

*Upon signing up to this site, notification and reminder mails will be sent to you. Also after this meetup, marketing emails from co-organizers and supporters may be sent to you.

*SWAN Venture Group is screening many WA State startups to select 10 as the most appropriate for this meetup. For any questions on these companies, please contact Hiroshi Matsui at hm@swanvg.com.

Innovators Pitch List for Japan Seattle AI Innovation “Online” Meetup 18.0

Day 1

<ブロックチェーン><アイデンティティマネジメント>

  • Indicio
  • https://indicio.tech/
  • Heather C. Dahl, CEO

Indicio is a Seattle-based company that has developed decentralized identity blockchain networks and products intended to help clients privately exchange and verify secure data. The company's services include hosting services to private networks, identity applications, as well as offer training courses and products such as network monitoring tools, secure health records, thereby enabling privacy-preserving identity ecosystems to help keep clients’ documents digital and safe. Indicio has recently worked with the Island of Aruba and global air transport technology provider SITA to create a decentralized vaccine and test system for tourists coming to the island that can be verified by other businesses on the island, such as hotels, restaurants, and entertainment venues.

インディシオは、シアトルに拠点を置く企業で、顧客が安全なデータを個人的に交換・検証することを目的とした分散型IDブロックチェーンネットワークと製品を開発しています。同社のサービスには、プライベートネットワークのホスティングサービス、IDアプリケーション、トレーニングコース、ネットワーク監視ツール、セキュアヘルスレコードなどの製品があり、これによりプライバシーを保護するIDエコシステムが実現し、クライアントの文書をデジタルかつ安全に保つのに役立っています。Indicioは最近、アルバ島と世界的な航空輸送技術プロバイダーであるSITAと協力して、同島に来る観光客向けに、ホテル、レストラン、娯楽施設など同島内の他の企業が検証できる分散型ワクチンとテストシステムを構築しました。

日本市場への期待:金融、保険、医療、旅行関連など本人証明が不可欠な産業セクター、及び公共機関など各社様との販売・技術提携

<AI・機械学習>

  • Loopr AI
  • https://loopr.ai/
  • Priyansha Bagaria Founder & CEO

Loopr is a platform for data labelling and turnkey AI models which enables retailers to increase revenue by providing a more personalized selling experience, manufacturers to reduce costs by automating defect detection in their products and healthcare organizations to provide faster and more accurate diagnosis by detecting and identifying diseases. We sincerely believe in building equitable AI and our first step in that goal is empowering women to become a part of the AI workforce. Our amazing team of data annotators comprises majority of women from disadvantaged backgrounds, whom we train and hire for AI data labelling jobs, as we strive to propel them forward in this promising field.

Looprは、データラベリングとターンキーAIモデルのプラットフォームで、小売業者はよりパーソナライズされた販売体験の提供による収益の向上、製造業者は製品の欠陥検出の自動化によるコスト削減、医療機関は病気の検出と特定による迅速かつ正確な診断の提供を可能にします。私たちは、公平なAIを構築することを心から信じており、その目標への第一歩は、AI労働力の一部となる女性のエンパワーメントです。私たちのデータアノテーターの素晴らしいチームの大半は、不利な立場にある女性で構成されており、彼女たちを訓練し、AIデータラベリングの仕事として採用し、この有望な分野で彼女たちを前進させようと努力しているのです。

日本市場への期待:製造業の故障・欠陥品予測やメンテナンスなどへのAIの応用。リテール、医療などへの機械学習導入の際のAIへのトレーニングなどの分野で各社様との販売・技術提携

<アグリテック><ドローン>

  • Pollen Systems
  • http://www.pollensystems.com/
  • Keith McCall, CEO and Founder

Pollen Systems is a Bellevue-based agtech startup that uses aerial drones to survey and photograph farmland on a regular basis stitching the images together so that they can be analyzed for crop growth, over or under watering, and the presence of pests or diseases, enabling farmers and vineyards to monitor crop growth, discover irrigation issues and investigate pests and diseases. They can analyze a range of crops from apples to grapes and nuts, with more in development. The company develops a tailored proposal to undertake multiple flights over their crop land. After each flight, they review the deliverables with the grower and provide images via PrecisionView: the company’s geographical information system portal that stores data and reports for further analysis and tracking of crop growth over time. That data is then utilized to deliver actionable insights and to measure the success of any actions taken during subsequent flights.

Pollen Systemsはベルビューに拠点を置くアグリテックスタートアップで、空撮用ドローンを使って農地を定期的に調査・撮影し、画像をつなぎ合わせて作物の成長、水やりの過不足、害虫や病気の有無を分析できるようにし、農家やブドウ園が作物の成長を監視し、灌漑問題を見つけ、害虫や病気の調査をできるようにします。リンゴからブドウ、ナッツ類までさまざまな作物の分析が可能で、さらに開発中。同社は、農作物の生育状況や灌漑の問題、病害虫の調査などを行うため、農地での飛行を複数回行うよう提案。各フライトの後、生産者と成果物を確認し、PrecisionView(同社の地理情報システムポータル)を通じて画像を提供。このポータルには、さらなる分析や作物の成長を長期にわたって追跡するためのデータとレポートが保存されています。このデータは、実用的な洞察を提供し、その後のフライトで実施したアクションの成果を測定するために利用されます。

日本市場への期待:農業関連全般、ドローン関連、公共機関、研究所など各社様との販売・技術提携

<地震予測><宇宙気象>

  • Precursor SPC
  • https://www.precursor-spc.com/
  • Clive George Cook, CEO

Precursor is a Seattle-based start-up in the earthquake forecasting and disaster preparedness industry. The company leverages advanced AI software, ground-based sensors, and data from satellites to provide two core services: earthquake forecasting and space weather nowcasting, a high-resolution real-time 4D representation of the ionosphere. The science behind their earthquake forecasting technology, which has a 90% accuracy for forecasting earthquakes up to 72 hours before, has been pioneered by one of its founders Dr. Friedemann Freund who has over 60 years of experience in the field and has worked with leading governmental agencies such as NASA. Clive Cook, the co-founder and current CEO, has over 30 years of experience in AI and machine learning implementation for financial institutions across the world. Through his leadership the company has recently joined the Starburst accelerator program, which focuses on aerospace and defence start-ups, and has successfully forecasted at least 50 seismic events in multiple programs across North America, Europe, and Asia.

Precursorは、シアトルに拠点を置く地震予測・災害対策業界のスタートアップ企業です。同社は、高度なAIソフトウェア、地上のセンサー、人工衛星からのデータを活用し、地震予測と電離層を高解像度でリアルタイムに4D表示した宇宙天気ナウキャストの2つのコアサービスを提供しています。72時間前までの地震を90%の精度で予測する地震予測技術は、創業者の一人であるフリーデマン・フロイント博士が60年以上の経験を持ち、NASAなどの有力政府機関と連携してきた科学的な根拠に基づきます。共同創業者で現CEOのクライヴ・クックは、30年以上にわたって世界中の金融機関向けにAIや機械学習の導入に携わってきた経験を有しています。彼のリーダーシップにより、同社は最近、航空宇宙・防衛関連のスタートアップ企業に特化したStarburstアクセラレータープログラムに参加し、北米、ヨーロッパ、アジアの複数のプログラムで少なくとも50の地震現象の予測に成功しています。

日本市場への期待:保険会社、気象関連企業、政府機関などとの事業提携

<クリーンテック>

  • Myno Carbon
  • https://mynocarbon.com/
  • Thor Kallestad, Co-Founder & Chief Executive

Myno is focused on removing as much carbon as we can, as fast as we can, at capital-efficient scale. This is our mission. Myno works closely with stakeholders to make biochar and clean electricity from regional waste streams. This biochar is then used to increase agricultural yields, to improve forest productivity, or to store carbon and clean water in green infrastructure projects. The electricity is used to charge electric transportation vehicles. Through the production and increased use of biochar, Myno’s goal is to accelerate the rate at which humanity removes carbon from the atmosphere, improves the health of soil and water resources, and in the process, creates the good jobs of the future.

マイノは、資本効率の良い規模で、できるだけ早く、できるだけ多くの炭素を除去することに重点を置いています。これが私たちの使命です。マイノはステークホルダーと密接に連携し、地域の廃棄物の流れからバイオ炭とクリーン電気を作っています。このバイオ炭は、農業の収穫量を増やしたり、森林の生産性を向上させたり、グリーンインフラプロジェクトで炭素やきれいな水を貯蔵するために使用されます。電気は電気自動車の充電に使われます。バイオ炭の生産と利用拡大を通じて、人類が大気中の炭素を除去する速度を加速し、土壌と水資源の健全性を向上させ、その過程で将来の良い仕事を作り出すことがマイノの目標です。

日本市場への期待: エネルギー関連、農林業関連、商社、公共機関など各社様との販売・技術提携

<AI・機械学習><スマートセンサーソリューション>

  • Metrolla Inc.
  • https://metrolla.com/
  • Adam Szablya, Founder and CTO

Metrolla is a Renton-based startup that provides autonomous data sensor technology intended to access LiDAR remotely and pipeline the data through machine learning algorithms. The company’s technology provides data engineers to remotely gather and view raw sensor data to develop algorithms and fine tune processes from quality live data sets and data streams, also the system can facilitate cross device communication via the communication network backbone, enabling engineers to empower their data science and data engineering teams with consistent quality data. Metrolla has focused its attention on Smart Cities, Access Management and Utilities applications.

メトローラは、レントンを拠点とする新興企業で、LiDARにリモートでアクセスし、機械学習アルゴリズムによってデータをパイプライン化することを目的とした自律型データセンサー技術を提供しています。また、通信ネットワークのバックボーンを介したデバイス間通信も可能で、データサイエンスやデータエンジニアリングチームが一貫した品質のデータで力を発揮できるよう支援します。同社は、スマートシティ、アクセス管理、ユーティリティのアプリケーションに注目しています。

日本市場への期待: 自動車関連全般、製造業、システム・インテグレーター、コンサルティングなど各社様との販売・技術提携

<インダストリアルIoT>

  • Industrility
  • https://www.industrility.com/
  • Jinesh Varia, President & CEO

Industrility is a Bellevue-based company that provides IoT based solutions designed for Industrial Original Equipment Manufacturers (OEM). By utilizing Artificial Intelligence and Machine Learning, Industrility has created a new form of warranties for OEM customers, which they coined ‘Dynamic Warranty.’ Using their algorithms and derived IoT data from the machine and usage of authorized parts and genuine service, OEMs can provide Dynamic Warranty Rider over Standard Warranty to their owners/operators - A Unique incentive for the owner/operator. OEMs can reduce warranty claim costs with real data and fight counterfeit or use of unauthorized parts. Industrility’s machine learning algorithms can accurately determine health of the asset and provide a unique personalized warranty to each asset. These products are further supported by Industrility’s Incentive-Driven App platform for industrial OEMs that can offer connected customer experience at 1/100th the cost. They can now customize and personalize their application experience to their diverse customer base.

ベルビューに本社を置くIndustrility社は、産業用機器メーカー(OEM)向けに設計されたIoTベースのソリューションを提供する企業です。人工知能と機械学習を活用することで、OEM顧客向けに「Dynamic Warranty」という造語で新しい保証の形を作り出しました。機械から得られるIoTデータ、認定部品や純正サービスの使用状況、アルゴリズムを利用して、OEMは標準保証の上にダイナミック保証特約を提供することができ、オーナーやオペレーターにユニークなインセンティブを与えることができます。OEMは、実際のデータを使って保証コストを削減し、偽造品や未承認部品の使用に対抗することができます。Industrilityの機械学習アルゴリズムは、資産の健全性を正確に判断し、各資産に独自のパーソナライズされた保証を提供することができます。これらの製品はさらに、産業用OEM向けのインセンティブ駆動型アプリプラットフォームによってサポートされており、100分の1のコストでコネクテッドカスタマーエクスペリエンスを提供します。OEMは、多様な顧客層に対してアプリケーション体験をカスタマイズし、パーソナライズすることができます。

日本市場への期待:製造業全般、エネルギー、化学プラント、重機など各社様、及びシステム・インテグレーターとの販売・技術提携

<サイバーセキュリティ>

  • rthreat
  • https://rthreat.net/
  • Hugo Sanchez, Co-Founder + CEO

Rthreat is a Bellingham-based startup in the cybersecurity industry. The company's platform identifies cybersecurity gaps to optimize resources and increase efficiency by providing certainty of the total value of cybersecurity investments and effectiveness in the face of real events, enabling clients to manage cybersecurity through on-demand testing in a real testing environment. RThreat enables threat intelligence teams to strategically anticipate and respond to threats by implementing a proactive instead of reactive approach, prioritizing which alerts they must respond to first, and developing better informed responses to security incidents. Through measurement and evaluation, organizations can make educated decisions to improve their security infrastructure. By understanding potential threats and having the ability to test their security solutions, organizations can confidently know their data and valuable assets are protected.

Rthreatは、ベリンガムを拠点とするサイバーセキュリティ業界のスタートアップ企業です。同社のプラットフォームは、サイバーセキュリティのギャップを特定し、リソースの最適化と効率化を実現します。サイバーセキュリティへの投資の総額と実際のイベントに直面した際の有効性を確実に示し、顧客は実際のテスト環境でのオンデマンドテストを通じてサイバーセキュリティを管理できるようになります。脅威インテリジェンスチームが戦略的に脅威を予測し、対応することを可能にします。これは、事後対応型ではなく事前対応型のアプローチを導入し、最初に対応すべきアラートに優先順位を付け、セキュリティインシデントに対してより良い情報に基づいた対応を開発することを意味します。測定と評価を通じて、組織はセキュリティ・インフラストラクチャを改善するための十分な情報を得た上での意思決定を行うことができます。潜在的な脅威を理解し、セキュリティ・ソリューションをテストする能力を持つことで、企業はデータや貴重な資産が保護されていることを自信を持って知ることができます。

日本市場への期待:システム・インテグレーター、コンサルティングなど各社様との販売・技術提携

<ヘルスケア>

  • Medcurity, Inc
  • https://medcurity.com/
  • Joe Gellatly, CEO

Medcurity is a Spokane-based startup that streamlines complex HIPAA and security requirements for healthcare enterprises of all sizes. The company's platform offers a comprehensive survey supporting multiple users and devices along with an online action item tracking dashboard, track status, and ownership, enabling healthcare systems to conduct risk assessments with embedded and easily understandable guidance. Their security risk analysis assessment service immediately produces an audit-ready report and generates detailed, prioritized action items and recommendations that can be allocated to employees on Medcurity’s online platform.

Medcurityはスポーケンに拠点を置く新興企業で、あらゆる規模のヘルスケア企業にとって複雑なHIPAA(The Health Insurance Portability and Accountability Act of 1996)とセキュリティの要件を合理化する企業です。同社のプラットフォームは、複数のユーザーとデバイスをサポートする包括的な調査と、オンラインのアクションアイテム追跡ダッシュボード、トラックステータス、オーナーシップを提供し、医療システムが埋め込み式のわかりやすいガイダンスでリスク評価を実施できるようにします。同社のセキュリティリスク分析評価サービスは、監査に耐えうるレポートを即座に作成し、詳細で優先順位の高いアクションアイテムと推奨事項を生成し、Medcurityのオンラインプラットフォームで従業員に割り当てることができます。

日本市場への期待:医療機器、保険、病院、公共機関など各社様との販売・技術提携

<ヘルスケア><AI・機械学習>

  • Parrots Inc.
  • https://www.flyparrots.com/
  • David Hojah, CEO & Founder

FlyParrots is a Seattle-based startup that has developed an AI-powered robotic parrot for people with neurological conditions like amyotrophic lateral sclerosis (ALS). Polly is their AI-enhanced assistive parrot, perched on their wheelchair or bedside, giving them 360-degree field of vision, enhancing their ability to communicate, and uplifting their sense of independence. All at a fraction of the cost of current cumbersome and dehumanizing solutions. The company was founded by David Hojah, who has more than twelve years of experience in artificial intelligence, medical devices, robotics engineering, and HealthTech. David studied a BS in Mechanical Engineering and an MS in health management at Harvard University. He has been featured in many global events and organizations such as Fast Company, Harvard innovation, Microsoft, Amazon, TechCrunch, Wired, McKinsey, Verizon, Stanford, and Novartis.

FlyParrots社は、筋萎縮性側索硬化症(ALS)などの神経疾患を持つ人のために、AIを搭載したロボットオウムを開発したシアトルのスタートアップ企業です。ポリーは、車椅子やベッドサイドに止まり、360度の視界を確保し、コミュニケーション能力を高め、自立心を高めるAI搭載の支援型オウムです。そのコストは、現在の煩雑で人間離れしたソリューションの何分の一かで済みます。同社は、人工知能、医療機器、ロボット工学、ヘルステックの分野で12年以上の経験を持つDavid Hojahによって設立されました。Davidはハーバード大学で機械工学の理学士号と健康管理の修士号を取得しました。彼は、Fast Company、Harvard innovation、Microsoft、Amazon、TechCrunch、Wired、McKinsey、Verizon、Stanford、Novartisなど多くのグローバルイベントや組織で紹介されています。

日本市場への期待:医療機器、保険、病院、公共機関など各社様との販売・技術提携

<プログラム> Event Program

1日目 1月 26日(水)日本時間 Day 1: January 25th Tuesday PST

09:00JST/16:00PST Opening and Introduction

 Tetsuro Eto, Author of AI Gamechanger Seattle

 https://www.amazon.co.jp/dp/4296104489/

09:03JST/16:03PST Keynote

 Robin Toth, Director of Economic Development for the Aerospace Sector,

 WA State Dept. of Commerce

 http://choosewashingtonstate.com/about-us/meet-our-team/

09:09JST/16:09PST Greetings (recorded)

Dave Somers, Snohomish County Executive, WA State

https://snohomishcountywa.gov/1922/About

09:12JST/16:12PST Orrick Presentation

 Blake Ilstrup, Partner, Orrick Herrington & Sutcliffe (Seattle)

 https://www.orrick.com/en/People/2/3/8/Blake-Ilstrup

 Hiroki Sugita, Partner, Orrick Herrington & Sutcliffe (Tokyo)

 https://www.orrick.com/en/People/5/B/7/Hiroki-Sugita

09:18JST/16:18PST PNW Startup Investment & Business Development Opportunities

 Jim Reed, Senior Managing Partner, SWAN Venture Group

 Richard Samuelson, Managing Partner, SWAN Venture Group

 https://swanvg.com/about/

09:24JST/16:24PST SWAN Presents Innovators Pitch Session Part 1

09:24JST/16:24PST Indicio https://indicio.tech/

Heather C. Dahl CEO

09:30JST/16:30PST Loopr AI https://loopr.ai/

Priyansha Bagaria Founder & CEO

09:36JST/16:36PST Pollen Systems http://www.pollensystems.com/

Keith McCall CEO and Founder

09:42JST/16:42PST Precursor SPC https://www.precursor-spc.com/

Clive George Cook CEO

09:48JST/16:48PST Myno Carbon https://mynocarbon.com/

Thor Kallestad Co-Founder & Chief Executive

09:54JST/16:54PST Closing of Day 1 and Introduction to Day 2

 Tetsuro Eto & Julie Monahan, WSDoC

*If you have any inquiry or request to innovators to pitch, please contact Hiroshi Matsui of SWAN.

日本企業様でこれらのスタートアップとの事業提携や投資に関するご質問や面談ご希望の際は、SWAN担当者 松井洋(hm@swanvg.com)までご連絡ください。

2日目 1月 27日(木) 日本時間 Day 2: January 26th Wednesday PST

09:00JST/16:00PST Opening and Introduction of 18.0 Day 2

 Tetsuro Eto, Author of AI Gamechanger Seattle

 https://www.amazon.co.jp/dp/4296104489/

09:03JST/16:03PST Greetings

 Hisao Inagaki, Consul General

 https://www.seattle.us.emb-japan.go.jp/itprtop_en/index.html

09:06JST/16:06PST Keynote

 Takanari Yamashita, Chief Executive Director, JETRO San Francisco

 https://www.jetro.go.jp/en.html

09:12JST/16:12PST Supporting Business Development through the Osaka Startup Ecosystem by OBDA

 Susumu Saito, Executive Director, Osaka Business Development Agency

 https://www.obda.or.jp/en.html

09:15JST/16:15PDT Introduction of Global Innovation Forum Osaka (GIF)

 Kentaro Nagao, Manager, International Division, The Osaka Chamber of Commerce & Industry

 https://gif.osaka.cci.or.jp/

09:21JST/16:21PST SWAN Presents Innovators Pitch Session Part 2

09:21JST/16:21PST Metrolla https://metrolla.com/

Adam Szablya Founder and CTO

09:27JST/16:27PST Industrility https://www.industrility.com/

Jinesh Varia  President & CEO

09:33JST/16:33PST rthreat https://rthreat.net/

Hugo Sanchez Co-Founder + CEO

09:39JST/16:39PST Medcurity https://medcurity.com/

Joe Gellatly CEO

09:45JST/16:45PST Parrots https://www.flyparrots.com/

David Hojah CEO & Founder

09:51JST/16:51PST Closing of Day 2 and Introduction to WA State Cleantech Mission to Japan, March 2022

 Tetsuro Eto & Julie Monahan, WSDoC

*If you have any inquiry or request to innovators to pitch, please contact Hiroshi Matsui of SWAN.

日本企業様でこれらのスタートアップとの事業提携や投資に関するご質問や面談ご希望の際は、SWAN担当者 松井洋(hm@swanvg.com)までご連絡ください。


		Japan Seattle AI "Online" Meetup 18.0 Jan 26&27 (JST) :  Jan 25&26 (PST) image
Share with friends

Date and time

Location

Online event

Organizer Japan Seattle AI "Online" Meetup 18.0

Organizer of Japan Seattle AI "Online" Meetup 18.0 Jan 26&27 (JST) : Jan 25&26 (PST)

Save This Event

Event Saved