「品質保証からアジャイル品質へ」実践コースー品質もアジャイルになるための価値、プラクティス、パターンー
¥42,000 – ¥84,000
「品質保証からアジャイル品質へ」実践コースー品質もアジャイルになるための価値、プラクティス、パターンー

「品質保証からアジャイル品質へ」実践コースー品質もアジャイルになるための価値、プラクティス、パターンー

Event Information

Share this event

Date and Time

Location

Location

ヴァル研究所 / Val Laboratory Corp.

2-3-17

高円寺北

杉並区, 東京都 166-0002

Japan

View Map

Friends Who Are Going
Event description

Description

「品質保証からアジャイル品質へ」実践コース: Introduction to QA2AQ

アジャイル開発が広まるにつれ、ソフトウェアの品質の重要性はますます高まっています。

ソフトウェア開発は、顧客が望むフィーチャーを提供するだけでは十分ではありません。さまざまな非機能要件、スケーラビリティ、パフォーマンス、セキュリティ、ユーザビリティ、安全性など、考慮の必要な範囲はますます拡がっています。

アジャイル開発を進めていく過程において、従来の品質保証(QA: Quality Assurance)のアプローチでは、十分に品質を維持するのは、ますます困難となってきています。品質保証のアプローチも、アジャイルなやり方に適応できるやり方に変えていかなければなりません。

品質保証のためには、開発の最後の門番と働くだけでは十分ではありません。開発プロセスの全体に関わり、プロセスで品質を作り込み、チーム全体を巻き込んでで品質向上を測るアプローチが必要です。品質保証というより、総合品質管理(TQC)な視点を持つことになるのです。このようなやり方を、私たちは、アジャイル品質(Agile Quality)と呼んでいます。

チーム全体で、開発テストを行い、価値あるフィーチャーを提供し続けるには、特別なスキルが必要です。
このコースでは、そのようなスキルの全体像を学ぶことを目標とします。

コースの内容

1日目

  • 品質保証とアジャイル品質とは?

  • システム品質の概要: システム品質を発見するには

  • 壁を取り払う - チーム全体アプローチ

  • アジャイルチームとQA/アーキテクトはどう一緒に働けるか

  • 情報共有と活用のテクニック

  • 品質をチームに見えるようにする

    • 情報ラジエターとダッシュボード

    • 品質ロードマップとバックログ

    • 品質チェックリスト

  • 品質保証と自分のアジャイルプロセスに組み込む

2日目

  • 品質を見つける
    • 品質シナリオ
    • 隠れていた品質
    • ランディングゾーン(落としどころ)
  • 品質特性値の扱い方
  • だんだんと自動化する
  • 品質チェックリストを使う
  • テストアーキテクチャとシステム品質テスト
  • アーキテクチャで品質を維持する
  • 品質を改善するテクニック - 継続的検査
  • まとめ、Q&A

コースの目的

  • QA担当者とアジャイルチームの壁を取り払う方法について学ぶ
  • アジャイルチームが品質を重視できるようになる構造について学ぶ
  • 組織にとって重要な品質を見つけ出し、集中する方法について学ぶ
  • アジャイルプロセスに品質をどう作り込むかを学ぶ
  • アジャイルな品質の発見、品質の記述の方法を学ぶ
  • システムの品質を計測し、見える化する方法を学ぶ
  • システム品質を計測するテスト戦略について学ぶ
  • 品質を維持しながら、アジャイルプラクティスを継続的に改善する方法を学ぶ


想定参加者

  • ソフトウェア開発の品質管理担当者
  • ソフトウェア開発者
  • プロジェクトマネージャー
  • チームリーダー

前提条件

  • 何らかのソフトウェア開発の経験があること。
  • アジャイルソフトウェア開発の経験があることが望ましい。

必要機材

  • 資料は電子的に配布するので、資料を閲覧できるPCやタブレットがあると望ましい。
  • 研修の参加にPCは必須ではありません。

参考資料

言語

  • トレーニングは英語で実施され、逐次翻訳が提供されます。
  • トレーニング資料は、日本語対訳付きのものが電子的に提供されます。

お申し込み

  • 当サイトよりチケット(PayPal支払い)をお申し込みください。
  • 請求書払いが必要な場合は、チケット購入時に"Other Payment Options"にて請求書払いを指定してお申し込みください。おって請求書をお送りいたします。
  • 請求書払いの場合、事務手数料として税込み6,000円を申し受けます。
  • 2日間通しチケットは2日間連続参加であり、1日ずつのチケットの譲渡はできません。


お問い合わせ

  • お問い合わせ、ご質問は、info@attractor.co.jp までお知らせください。


講師について

  • ジョセフ・ヨダー(アジャイル実践者、コンピューターサイエンティスト、パターン著者)は、The Refactory 社の創設者であり代表である(http://www.refactory.com)。The Refactory社は、ソフトウェアアーキテクチャ、設計、実装、コンサルティング、メンタリングなどを、ソフトウェア開発のすべての側面から提供することにフォーカスしている。ジョーは、The Hillside Groupのプレジデントとしても働いている。The Hillside Groupは、ソフトウェアシステムを使ったり、作ったり、触れたりするすべての人を生活の質を向上するために作られたグループである。また、多くのソフトウェアアーキテクチャの誤解説明したBig Ball of Mud(大きな泥団子)パターンの著者としてよく知られている。ジョーは、アジャイルとリーンのプラクティス、アーキテクチャ、柔軟なシステムの構築、クリーンな設計、パターン、リファクタリング、テストなどを教え、メンタリングしている。ジョーは、ソフトウェアにはまだ柔軟性が足りず、変更が難しすぎると考えている。
  • 原田騎郎(研修および通訳補助)

主催


Introduction to QA to AQ (Quality Assurance to Agile Quality)

When developing and delivering large, complex systems it can be all too easy to focus on features and overlook software qualities or non-functional requirements such as security, scalability, performance or reliability. As agile spreads across your organization it is even more important to pay attention to quality concerns and coordinate the delivery of features along with necessary architecture and system infrastructure work. As organizations transition to agile processes, Quality Assurance (QA) activities and roles need to evolve. Agile teams embrace a whole team approach and incremental delivery of system functionality along with system qualities (also known as non-functional requirements). This requires changes to the ways we work. Instead of gate keepers, Quality Assurance (QA) is engaged and involved throughout development helping clarify system quality requirements and how they will be measured. Quality Control generally refers to inspection activities that occur at the end of a process. Quality Assurance or Total Quality Control is an alternative to Quality Control which recognizes that inspection at the end is ineffective and that you can be more effective if you take a more holistic approach that builds quality into the process from the start engaging the whole team, which we call Agile Quality (AQ). Although special skills may be required to develop and test system qualities, everyone on the team needs to be focused on their delivery.


This session introduces techniques and practices for interjecting system quality specification and related architecture, design and testing efforts into your project while being more agile about it. I will present several agile techniques and practices that support the definition and delivery of system qualities. I will explore how QA, including testers, and architects can collaborate to ensure that system qualities are addressed in an agile manner emphasizing architecture capabilities such as usability, security, performance, scalability, and availability. You will get hands-on experience briefly practicing some of these techniques. You will learn options for coordinating work among teams and be exposed to techniques and practices that support the incremental definition and delivery of system qualities along with system functionality and weaving quality-related work into your projects and programs.

Short BIO related to the topic:

===============================
Joseph Yoder (agilist, computer scientist, and pattern author) is the founder and principle of The Refactory (http://www.refactory.com), a company focused on software architecture, design, implementation, consulting and mentoring on all facets of software development. Joe serves as president of the board of The Hillside Group, a group dedicated to improving the quality of life of everyone who uses, builds, and encounters software systems. He is best known as an author of the Big Ball of Mud pattern, which illuminates many fallacies in software architecture. Joe teaches and mentors developers on agile and lean practices, architecture, building flexible systems, clean design, patterns, refactoring, and testing. Joe thinks software is still too hard to change. He wants to do something about this and believes that you can start solving this problem through the use of best practices (patterns) and by putting the ability to change software into the hands of the people with the knowledge to change it.


Joe has been innovating, collecting and writing on the best practices and patterns on this topic for the over 5 years with various colleagues. During this time he has given presentations, workshops, and keynotes at various conferences and in industrial settings. He has published (and continues writing and collecting) over two dozen patterns on this topic. Joe have also been working with organizations on the best practices for Agile Quality Assurance, helping them apply these techniques, and has shepherded Agile Experience reports on the topic. Variations of this some of this material has been presented as talks and workshop/tutorials at various conferences (Agile, JDD in Poland, SugarLoaf PLoP, Agile Portugal, AgileBrazil, YOW! in Australia, Saturn, and Israel Conference on Software Architecture) and to some of Joe's clients. In 2015 Joe won the New Directions award with a colleague at Saturn 2015, given to the presentation that best describes innovative new approaches and thought leadership in the application of architecture-centric practices for his presentation QA to AQ: Shifting from Quality Assurance to Agile Quality (see https://insights.sei.cmu.edu/saturn/2015/05/saturn-2015-awards-conferred.html).


Share with friends

Date and Time

Location

ヴァル研究所 / Val Laboratory Corp.

2-3-17

高円寺北

杉並区, 東京都 166-0002

Japan

View Map

Save This Event

Event Saved